09月≪ 2017年10月/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010年05月03日(月)

1/8 天羽みう 製作記 その0

「1/8 天羽みう 製作記 その0」


おととい発送メールがあった、ボークスの天羽みうが届きました^^
アキバにボークス店舗があるせいで、京都からの発送ってこと忘れてましたw昨日来るかと思ってた。

DSC_0017a.jpg

いつも紹介しているフィギュアには、その商品名のなかに
「PVC塗装済み完成品」という一言が大抵加えられています。

というのも、どんなフィギュアもガンプラみたいに、もとは複数でバラバラだったパーツが
組立てられ塗装され、そして1体の完成品となっているからです。

んで今回やっとの思いで購入したこの天羽みうはレジンキャストキット。
(市販の完成品フィギュアの大部分はPVC(ポリ塩化ビニル)という素材で出来ています。)

レジンキャストというのはまあ石膏みたいなもので、大掛かりな機械とかを導入しなくとも
型に流し込んで固めるだけで手軽に複製出来るようなもの。

複製は簡単なんだけど、どうしても精密な出来にはならずにパーツごとにそれぞれ違うものが出来て
組立てるとなるとズレがあったり気泡ができていたり。

そういうものの処理をして、仮組みして、バラして下地塗って、塗装して、また組立てて完成、
という結構大変な作業がこういうキットを作るには必要です^^;


しかもこのキット上級者向けって書いてある^^;;;;

まあ下地まではセンスとかあんまし関係ないので頑張ってみますけどw


んで、まあそういった作業にとりかかる前に、キットを買ったら一番最初にやる作業。


それはパーツの確認です


DSC_0020_20100503005532.jpg

今回パーツ数は30個。
細かいのから大きなものまでたくさんです。

幸い欠品などは無かったです。
後になって「あー!右手が無い!」とか「髪が足りない」とかにはならずに済みます^^

あとはパーツを広げることでこのキットにどれだけ労力がいるかがわかります。


今回でいえば、やっぱ髪パーツの多さが課題か・・・
しかもこの髪、ラーメンみたいにくるくると。

まあだからこそ完成見本のような良い出来のものになるわけなんですが。

パーツ一つ一つ、全てに処理をするので大変です^^;

イベントとかで売っているものよりも業者のキットは綺麗に複製されているので、
苦労ははるかに少ないのですけどね。
(でもコレ、仮組みというか、あわせた感じ割とズレが;)


まあ泣き言を言っていても完成しないし、飾ることはできません。

って、エラそうにいってますが自分かなりの初心者なんですけどw
頑張って完成までいけたらなと思います。

連載モノ的なのを期待されると困ってしまうし、作り方講座的なものにも出来ないです。。
まあ一気にできるものでもないし、不定期にゆっくりやっていきますね^^


塗装のためにエアブラシ買わないとダメだよなあ。。。



前途多難ですががんばろっと。

ではではまた^^ノシ
スポンサーサイト
01:31  |  製作記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tensfaqtory.blog83.fc2.com/tb.php/212-8025fa77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |