FC2ブログ
05月≪ 2020年06月/ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011年06月22日(水)

和幼中! アルター "シャイニング・ウィンド" 1/8 ホウメイ レビュー

「和幼中! アルター "シャイニング・ウィンド" 1/8 ホウメイ レビュー」

DSC_0527_20110622213434.jpg

原型製作:矢遠 双嗣


Tonyさんキャラデザのゲーム「シャイニング・ウィンド」より、
ロリババアのホウメイがついにアルターから発売されましたよー^^

派手で大胆な着物、スラリとした生足、そして脱がすとチャイナという、異色の大作に仕上がっています。

パッケージ
DSC_0045_20110622213436.jpg DSC_0049_20110622213438.jpg

で、でかい・・・久しぶりにアルターらしさを見たww

この箱のデザイン、以前出たクララクランのシリーズってことだったのか。続いてたのねw
箱の側面にはホウメイのイラスト。このポーズじゃないのは良かったのかも。まあこれも好きだけど。

組立て(着物の着せ方等)についての説明書。
DSC_0051_20110622213440.jpg

着物や帯・羽衣が着脱可なのでその着脱の方法が細かく説明されてます。
もしこれでもわかりづらければアルター公式のブログを参考に→ホウメイの組み立て方補足

台座はなんと水流を模したもの
DSC_0518.jpg

フィギュア本体に穴を開けなきゃいけないダボとか無しでこれに乗せるだけ!
でも3点ぐらいで支えられているので結構安定してくれます。

ほんともうアートっていう感じだねー。


ではでは本体をじっくりみていきましょー^^開封!まずは着物ありフル装備で。
 
DSC_0534_20110622213817.jpg 

パッケージされてた状態からは想像できないほど大胆で美しいフォルム。
塗装、造型ともに芸術的すぎて美少女フィギュアの域を超えていますね。

※冠がついているのを忘れてほぼ撮影してしまったので以降は基本冠ついてません^^;

8方向から
DSC_0246_20110622213819.jpg DSC_0284_20110622213820.jpg
DSC_0258_20110622213822.jpg DSC_0320_20110622213940.jpg
DSC_0266_20110622213942.jpg DSC_0300_20110622213944.jpg
DSC_0271_20110622213945.jpg DSC_0287_20110622213947.jpg

ホウメイ自体は1/8なんだけど、着物と羽衣のおかげでかなりのスペースブレイカーにw
特に着物下部のパーツがバカデカい。そこだけABS製でしっかり造られています。

DSC_0326_20110622213948.jpg

ホウメイというキャラでいうとちょっとシャープすぎて似てない部類かもしれないけど、
Tony顔の再現はしっかりとされている感じ。自信満々な感じの目線が心をくすぐりますね^^
 
DSC_0353_20110622214135.jpg 

造型もすごいけど塗装もすごい。
日本人形よりもこれを外国の方にお土産として持たせたいなw

顔あっぷ
DSC_0359_20110622214136.jpg

最初見たときはアイプリちょっと薄いかなって思ったけど、Tonyさんらしさ満点でいい^^

DSC_0371_20110622214138.jpg DSC_0375_20110622214140.jpg

前髪の細かさはすごいなー。

DSC_0541_20110622214413.jpg

冠あり。小さいけど磁石が入っていて頭部にしっかりくっつきます^^
あっても可愛いなー。

髪のリングが結構良い感じでこれはいいロリツインテ。
DSC_0390.jpg DSC_0395_20110622214416.jpg

翡翠色の髪飾りはグラデまで入っていて綺麗。
ホウメイが立体化されづらかったのはこういう細かいキャラデザのせいなのかもw

DSC_0402_20110622214418.jpg

毛先までしっかりと手が入っていていいなー。
アルターはほんと良い仕事してくれますな^^

帯の金色の塗装がさらなる豪華さを演出。
DSC_0406_20110622214419.jpg

和ですなあ。

DSC_0408_20110622214421.jpg

光を当てると綺麗に光ってくれます^^
色だけじゃなく、この刺繍のような細かい塗装も綺麗すぎる。

DSC_0418_20110622214728.jpg

ボリュームたっぷり。

DSC_0422_20110622214729.jpg

着物ってやっぱりいいものですね。
あとこれがちゃんと着脱式だっていうのがすごい。違和感ないなー。

背中
DSC_0432.jpg

ちょっとぶかぶかな感じがたまらない。シワの付き方がやたらリアルで優雅です。

着物の袖には左右それぞれピンが7、8つ付いてるので着脱しやすいようにはなっているんだけど
分割部はさすがに見えてしまうなあ。まあかなり気にならないくらいよく出来ているんだけど。

まあこのふんわりとした着物の表現ゆえに仕方ないか。

袖には鶴が!
DSC_0446_20110622214733.jpg

目までしっかりと入ってるしw袖のグラデ塗装と相まって幻想的だなあ。

DSC_0437_20110622214933.jpg

塗し装うと書いて塗装。グラデもいいけど腕の部分もいい!

DSC_0451_20110622214935.jpg

左手。袖の金も内側にまでしっかりとあっていいね。

右手には扇。
DSC_0457_20110622214936.jpg DSC_0465_20110622214938.jpg

模様もしっかり。厚みのある羽が二重三重になったつくりで味がある。

DSC_0473.jpg

なんかそれぞれ書いてあること違うしwこまかいなー。
塗装も凝ってあって質感ばっちりですね。

あと後ろの紐が非常に紐っぽいのがグッド。同じPVC素材でここは特にリアル。

背中の帯、羽衣の下から広がる着物。
DSC_0480_20110622214941.jpg

孔雀がモチーフみたいだねー。

DSC_0487_20110622215105.jpg

こっちだけ見ると目玉がたくさんついているみたいでギョっとしますがw

これが正面からだとあんまり見えないっていうのはポーズの関係仕方ないけど残念。
存在感はものすごいんだけどねw

さてさて着飾った部分を見た後は、、、うって変わってナマ足!
DSC_0491.jpg

ん?穿いてない?組んだ足が艶かしい・・・

DSC_0501.jpg

ロリババアの生足とか・・・悔しい。ビクンビクン。
色彩豊かな着物から伸びる白い脚っていいね。

DSC_0513_20110622215110.jpg

あしうら!

DSC_0508_20110622215403.jpg

足首から下の造型がちょっと甘いんだよねえ。なんか元で靴とか穿いていたような造り?
指とかはまあまあいいんだけど。

DSC_0503.jpg

爪はしっかり造ってあるし光沢つきで塗ってあって良い感じ^^
この足がかかっているのが台座との固定。水流というか水竜みたい。

さてさて着物を脱がしてみましょうか。
DSC_0240_20110622215404.jpg

ガンダムのカードダスにこんなのあったようなw
これを着ていてすぽっと脱げるのがすごい。着脱の際は帯がちょっと色移りしやすいので注意!

着物(和)を脱ぐとこれまた綺麗な塗装のチャイナ服が!
 
DSC_0117_20110622215406.jpg 

着物もいいけどチャイナもね!ナマ足の迫力が何倍にも増しますw
ってかこのデザインはすごいよなあ。それをどちらも魅せるこのフィギュアの出来もそうだけど。

DSC_0101_20110622215408.jpg

着物のぶかぶかっぷりが無くなるのでちょっと年齢が上がった感じになるかも。
体つきも結構いやらしい^^;

4方向から
DSC_0061_20110622215409.jpg DSC_0077_20110622215526.jpg
DSC_0072_20110622215527.jpg DSC_0089_20110622215529.jpg

一気に雰囲気変わりますね^^
涼しげで、暑い夏にはこっちで飾る方がいいかもしれないw

DSC_0109_20110622215530.jpg

微笑みが一層妖しげな感じでいいなー。

DSC_0155_20110622215829.jpg

後ろからも非常にチャイナチャイナしてる。

DSC_0159_20110622215831.jpg

脇のあたりもやばい。赤いチャイナドレスから伸びる細い手足!

横に目立つ分割線入ってて脱がせそうだけど、そこはアルター、ノンキャストオフ。
体のラインを出しながら服に生地の厚みを持たせるためかな?

DSC_0179_20110622215832.jpg

そんなこんなで胸元の滑らかな傾斜が良いです^^

DSC_0170_20110622215834.jpg

胸とお腹のあたりのたるみがチャイナドレスの性能を最大限に引き出して、ますな。

着物の塗装も良かったけど、ここの金の塗装も素晴らしい。
曲線やシワの部分までしっかりと模様が表現されてます。

DSC_0127_20110622215835.jpg

しかしほんとうに穿いてないように見える。太ももの付け根のチラっぷりはやばい。

DSC_0134_20110622215837.jpg

この脚の破壊力は大したもんですよ。
 
DSC_0186_20110622220004.jpg 

肝心の部分は台座でうまくカバー。しかし水に乗っているのでむしろなんか想像してしまうw

チラっ
DSC_0139_20110622220006.jpg

台座の色が写ってるんでわかりづらいね。
ここにも秘密が隠されているんですが。。。

ということで台座から降ろしてパシャリ。
DSC_0195_20110622220008.jpg

一応台座なしでも自立するんで飾れるといえば飾れます。両手とお尻の布の三点でみたいな感じで。
ただ左の髪が干渉するんで、ずっとこれで飾るのはちょっとやめた方がいいかなあ。

台座だけでもかっこよかったりw
 
DSC_0524_20110622213443.jpg 

これだけで何かのモンスターのよう。と、余談でしたw

降ろして左右から。
DSC_0206_20110622220009.jpg DSC_0196_20110622220106.jpg

台座と着物ないと本当に小さいです。1/8というのがようやく信じられるw

ということでひっくり返してパンt・・・
DSC_0216_20110622220107.jpg

じゃない!ふんどし・・・だと・・・穿いてないよりも問題な気が。。。
袴じゃないよ褌だよ!いよっ、粋だねえ!

ふんどしだから食い込みもそれなりに。
DSC_0223_20110622220109.jpg

チャイナだからお尻周りに邪魔するものもなし。スージーも混じって和洋妖幼中!
これで飾るのはさすがにアウアウだけど、価値あるお尻でしたww


さて、台座から降ろせば小さいので、なにかに代わりに載せられないかなあと。

ちょうどシリーズ・アルターつながりでクララクランが目に入ったので!
DSC_0228_20110622220111.jpg

乗せてみた!これ、意外と安定してるんだよねw

ちょうど手がクランの髪のところにかかって良い感じのコラボが^^
原型師は違うけれどもこれはこれで新たな境地が?この後あと5人つきます(違

DSC_0234_20110622220113.jpg

こうやって飾るように2体あってもホウメイはいいかもね^^
ふんどし見やすいしね!


以上、アルターホウメイでしたー。
衣装の関係で画像がやたら多くて長くなってしまってすみません。

ホウメイあんまり話題になってないから寂しかったのですw

ロリっぽさをなによりも期待していた人にはちょっと残念かもだけど、かなり良い出来ですよ。
こんな和なフィギュアはなかなかないからねえ。日本人なら買いです。

中はチャイナなんだけどね^^;中だけに。

でも話題にならないならならないで、投げられたりしたらクランの肩用にもう1つ買うからいいんだ!
他にもなにかに乗せられないかなあw


ではでは。ここまで拙い文まで読んでくれた人も画像だけでもを見てくれた人もありがとです。
またですー^^ノシ
スポンサーサイト



22:29  |  フィギュア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tensfaqtory.blog83.fc2.com/tb.php/567-b527a8f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |